情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「テラフォーマーズ」4巻、ミッシェルさんが強いのはわかっていたけど、アシモフさんは再生しますよ再生
「テラフォーマーズ」4巻、表紙のロシア隊のアシモフさん、いやー強い。
強いだけじゃなく、腕再生しましたよ、この短時間で。しかも幻覚系の薬草使った作戦やら、隊員の質も他の隊のような社会の底辺からのものとはどうやら違う精鋭のようです。今一番安心して見ていられる隊です。

とは言え、1巻での戦いでもあったようにヒロインですらさくっと退場する時は退場する非常で過酷なG達との戦いです。その1巻でのメンバーの死体からでしょうかG達がその能力を取り入れ特化した進化を始めています。今巻ではゲンゴロウ系やバッタ系のGがいましたが、正直メインフィールドの水中に引き込まれたミッシェルさんの生存は絶望視してみていました。窒息をものともせず戦って相打ちという終わり方かと。

だからミッシェルを救った燈の機転がわかった時、おお! と思わず膝を打つ喜びです。ミッシェル隊はいい人材が居ますね、てここはよく考えてみれば主人公隊。というか燈は主人公のひとりだ。逆にそう考えるとミッシェルさんは主人公なのかどうなのかよくわからない、重要人物ではあるけど。ああ、やっぱり安心して見ていられない。
特に貧乏かわいい八重子、彼女もまたどんな能力か不明だけど、非戦闘員っぽいからなぁ。かわいいけどこの作品はちょっと過去回想入ると次には退場なんてことがあるから、彼女の事情を知りたいけど知りたくないような微妙な気分。

今巻も過去回想や、地球側の展開が入ったり、さらには火星でも各隊の描写がめまぐるしく変わっていくのでそれを追うのが大変です。今絶賛売れている作品なんだからそんなに焦らずじっくりいろんなところの描写を見せて欲しいです。

テラフォーマーズ 4 (ヤングジャンプコミックス)
テラフォーマーズ 4
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。