情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミックフラッパー2013年3月号、「ガールズ&パンツァー」秋山戦車長が凛々しい
コミックフラッパー2013年3月号。

「ガールズ&パンツァー」のアニメで描かれていなかったアンツィオ戦、決着です。アニメだとなんだか圧勝な印象だったのですが、コミックではぎりぎりの戦いで非常に盛り上がりました。
さらにはアンツィオの総帥のみほへのいらだちがなにかも判明、隊長としての目的とはなにか、やはり勝利を目指すのが本道ではないかということです。
なんかおまけ的な話になると思いきや、みほの黒森峰でのあのかつての行動について後悔でなく彼女の信念を確かめられた重要な回でした。
そしてなにより今回戦車長を任された秋山殿が凛々しかった。ちょい興奮気味で性格変わっていたけどそれはそれでまた、いいものです。

「ケモノシマ」、またしても減っていく子供達、そしてやっぱり全然まとまりもないし利己的にもなってくるし・・・これから続く夜でますます恐ろしい展開になっていく・・・。でも朝を迎えてもまだまだピンチは続くのでしょう。読んでて非常に恐いままです。

「高杉さん家のお弁当」、久留里のバイト、接客系なんてやっぱりいきなりは無理でしょうけど、何度かこなすうちにきっとよくなっていく。それどころかこれを契機に彼女、変わるかもしれない。そう思っていますが、ハルが相変わらず過保護だったり肝心な時にはいなかったりでよろしくないですね。

「群緑の時雨」、最終回。式桜の城の謎は解けたけど、結局こんなまでになってしまう展開は悲しかった。主役3人で最終回を迎えることもできず、重い話でした。伊都も凄い聡明な姫様だったけど他国への輿入れすることになる終わり方、もっと彼女には輝いてほしかった。

最新号情報 | 月刊コミックフラッパー | コミックフラッパー

COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2013年 03月号 [雑誌]
COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2013年 03月号
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。