情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カブのイサキ」6巻、完結。世界の謎、シロさんの謎、そして最後の謎
「カブのイサキ」6巻、完結巻です。

イサキが富士山へ行った道中が盛り上がりましたので、今巻はいつも以上にまったりこの広大に広がった世界を堪能する話が多かった。うん、ヨコハマ買い出し紀行みたいでなんかほっとした。

だから最後の方でシロさんが思わせぶりにイサキを不思議な空間に連れて行ったり謎な問いかけをしたり、え、このなんだか知らないけど10倍に広がった世界の謎が解かれるの? なんて思わせぶりな展開にどきどきしました。シロさんがイサキを近くに寄せて言う「45秒後待ってる」が実は恐かった。
よくある気がつけば交通事故なんかの直前に一気に見た夢の世界がこの物語だった、とかで気がついたら事故まで45秒とかだったらどうしよう、なんて。
・・・でもま、謎はよくわからないまま終わった。それはそれでよかったけど、あれ? イサキってこの世界の住人じゃなかったの?

どっちかというとそんなことはどうでもよくって、まったり空中散歩を見せてくれるだけでといのですけど。

最後でイサキがカブ=バイクである世界に戻ってきている。正直、カブ=飛行機の世界が気持ちよかったので現実に戻されたようでショックです。
とは言え、イサキがしっかり進むことでまた、そっちの世界に行ける未来があるんじゃないかと、そう淡い期待を抱いています。

多分45秒後って、こっちの世界ではもっともっと長い時間なんでしょう。45秒後の後日譚が読みたい。

カブのイサキ(6) (アフタヌーンKC)
カブのイサキ(6)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。