情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「よめヨメかなたさん」3巻、大かなたさんの意外でもない凛々しい過去が素敵
「よめヨメかなたさん」3巻、完結巻です。

大かなたさんの話が好きなのですが、実家の京都での話がおもしろくて満足。特にファンクラブまであって未だにその動向を把握されているという熱の入れられようです。
案の定、お姉様なキャラだった。しかも本人を周りが祭り上げるどころかかなたさんまで役になりきって「麗人」でした。そりゃあ自業自得じゃないかと思うのですが、どうにいっています。

小かなたさんは高校話がやっぱりキャラがたくさん出てきておもしろかったけど、そうなってくるとあまり嫁的話にはなりにくかったのが残念。ただ、最後の旦那に嘘をつかれていたことから始まった夫婦関係の危機は大いに盛り上がりました。完璧な彼女だと思っていたけどこっちはこっちで壮絶な過去が嘘に対するトラウマになっていた。

取り敢えずこの巻で完結です。あろひろしさんの嫁さんがネタ出しなだけに、これまでの作品と違った毛色でした。だからかなかなか先読みができなくて面白かったんですが、やっぱりこれまでのあろ作品じゃあないのでファンとしてはどこか物足りない感じでもありました。

そろそろ4コマじゃない作品も読みたいです。

よめヨメかなたさん (3) (まんがタイムコミックス)
よめヨメかなたさん (3)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。