情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「てんむす」10巻、完結巻、最後の最後で天子の花咲く「んっまいよぉぉぉ」が出た
「てんむす」10巻、完結巻です。

本戦1回戦、2回戦、そして最終決勝戦と一気にこの巻で突き進みました。もうちょっとねばって欲しかったけど、見応えある戦いではありました。ただ、2回戦ではいきなり個人戦になり、天子は勝ち残ったもののキャプテンが敗れる波乱。いや、1回戦の様子からして本戦出場チームはキャプテンレベルがごろごろいるし当たった相手も悪かった。でも、やっぱりキャプテンはいっつも余裕でにこにこ勝っていってほしかったです。

そして個人戦での決勝では本戦になって絡んできた村上マリーや、因縁の三日月さんや天咲花もそろって熱い熱い熱すぎる戦いだった。
でもこの村上マリーがとにかく結日高校にだけ絡んでくるのできっとなにか変な因縁があるのか、それとも気になる誰かでもいるかと思ってわくわくしていましたが、特になかった・・・。なんだったんだろう? ただ、これだけ絡んでくると鬱陶しい嫌なキャラだったのが妙に愛着出てきていた。

ただその村上さんの策略か天子がこのところ本気になって、というか我を忘れてがむしゃらに頑張っているのが痛いほどわかるのですが、やっぱり違和感。天子は周りに花を咲かせる満面の笑顔で楽しくおいしく食べていてほしいのに。
そこに唯一気付いていたのが勝手にライバル宣言していた天咲花です、ああ彼女の存在意義がここにあったんだ。決勝戦で自分の食べる手を止めて天子の間違った食べ方を糺したのはかっこよかった。

最後の最後で周りに花を咲させての「んっまいよぉぉぉ」が出ました。これが見たかった。もう勝っても負けてもこの笑顔ですっきりです。

エピローグでは三年になった天子が登場、思わせぶりな登場。かつての百合亜キャプテンのような大人っぽい人になっているかも・・・なんて期待したのですが、やっぱり天子は天子でした。

てんむす 10 (少年チャンピオン・コミックス)
てんむす 10


それにしても表紙の天子、ちょっと食べ過ぎてしまったように見えるのですが・・・。
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。