情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミックフラッパー2013年2月号、「となりの関くん」、遂に彼の部屋に進入
コミックフラッパー2013年2月号。

今号の期待は「ガールズ&パンツァー」のアニメで描かれていなかったアンツィオ戦でした。おお、圧倒的です、うんうん一瞬で回想されたアニメ版でも圧勝っぽかったし。
でも、実は罠にはまっていたということがわかってここからみほの戦略が秋山殿に伝えられたところで終わり、次号に続きます。いかに罠を切り抜けるか、楽しみです。
でも、やっぱり止まった絵ですから動きがわかりづらい、そして戦車をちゃんと描きわけているけど詳しくない人間にはわかりづらい、一応セリフ出る時はキャラの顔も描かれるのでそれでなんとか把握していますが、難しいですね。

「ケモノシマ」、先生たちも犬に襲われておりました・・・。どこかに大人が逃げているとか避難しているとかっていう希望もなくなり、子供達だけで切り抜けることになります。今回はあまり犬に襲われるシーンなどはなく人間描写が中心でしたが、思いっきり子供達の中で対立状態、まずはそれをまとめるという犬との戦い以前の問題が大きそうです。

「となりの関くん」、遂に横井さんが彼の自宅に行きます、しかも妹を手引きとして(?)部屋に侵入。もっと驚愕のおもしろ遊び部屋かと思っていましたがそんなではないんですね。でも、横井さんもベッドの下に潜って隠れるとか無茶する。ただ、これでますます彼の妹の純と仲良くなった筈だから、今後も潜入する展開が期待出来ます。

「高杉さん家のお弁当」、にんにゃくの扱いに苦慮するハルさん、久留里が苦手だったとは思いもしなかった。おいしいのに。そしてハルさんの妄想内の久留里はますますおもしろく・・・いや色っぽく? にんにゃくパックやこんにゃくエステのモデルの久留里が非常に嫌そうな顔しているのがリアルっぽくって変な妄想だ、どうせ妄想なんだから笑顔にしてその違和感も見てみたかった。

最新号情報 | 月刊コミックフラッパー | コミックフラッパー

COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2013年 02月号 [雑誌]
COMIC FLAPPER (コミックフラッパー) 2013年 02月号
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。