情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「COMIC (コミック) リュウ 2013年2月号」、巳年にぴったりなキャラがいるんです
「COMIC (コミック) リュウ 2013年2月号」、やっぱりモンスター娘のラミアのイラストが見かえしにありました。巳年ですからね、でなかなかこの蛇系のキャラなんていないからいい感じです。

「モンスター娘のいる日常」、スライム娘に振り回されてますが、うちでは彼女用の設備が一気に充実。って、人魚用だった・・・。でもそのスライム娘ですが、彼女だけは今のところ主人公にほれていないの?
なお、巳年を記念したラミアのイラストのダウンロードが2013/01/06まで公式サイトから行えます。

「アリスと蔵六」、アリスの過去がよくわかるお話、それを聞いているとそんなに悪くない世界だったようにも思うけど、やっぱりひどい実験があったか。また、アリスってずっと彼女がその夢のままの世界に住めていたら良かったようにも思うものの、そういう世界を実現するとひどく疲れるから現実の世界に戻ってきて良かった、のか。
なんて思っているとアリスの生き方ってまだまだ模索中です。
でも、なんで全然蔵六さん出てこないの? 彼との絡みが渋くっていいのに。

「セントールの悩み」、今回は3話もありました。すごいなとしか言いようがない。主要キャラに焦点を順に当てていますが、今回は羌子の兄とのほのぼの話。なんだかんだでこの兄妹、なかがよくって楽しいです。若干シニカルな羌子が兄にかかるといつものペースじゃないところもいい。でも見開き大コマで仲良しの様を見せられるとは思わなかった。

「ねこむすめ道草日記」、この作品世界ではあまり黒菜たちを見ることが出来る人間はいないのですが、狛獅子姉弟のいる神社の親子は見えていた。親父さんは神主でしっかりしているものの、娘の叶は黒菜にめろめろだった。でもその彼女も学校では神聖なオーラを持っているお姉様キャラ。なかなかギャップのある素敵なキャラです。
久々に濃厚に人間とのかかわりのある話になりました。次回も叶の話なので楽しみです。

「ちゃんと描いてますからっ!」、そっか、受験が嫌でマンガ家になりたいと口走る歩未に親父さんが久々に親父さんらしい分別あるところを見せた。
うんうん、そうそううまくいかないって展開でしょうね。その方がおもしろいし。というか家族ものだからやっぱり折り合いつけて進学する先を変えて夢はその先に、って感じになっちゃうのか・・・? だと普通だしここはやっぱり先輩との合作第2作がデビューレベルの賞を取ってしまってさあどうするな展開か。まだまだ長くこの作品を読んでいたいので盛り上がっていってほしいので後者がいいな。

月刊COMICリュウ

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2013年 02月号 [雑誌]
月刊 COMIC (コミック) リュウ 2013年 02月号 [雑誌]
月刊 COMIC (コミック) リュウ 2013年 02月号 [雑誌]
月刊 COMIC (コミック) リュウ 2013年 02月号 [雑誌]
月刊 COMIC (コミック) リュウ 2013年 02月号
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。