情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ネクログ」4巻、ついにお姉さんの反魂がなったのですが、やっぱり・・・
「ネクログ」4巻、完結巻、大ボリュームです。

宗さんが徐々に仙人になっていく過程を楽しむと思っていたのですが、話は一気に彼の思惑を通り越して大帝とか老君だとかのおおものが登場してくる展開。謎の多かった胡さんの秘密も一気に解けてしまいました。
胡さんの事情はなかなかにおもしろかったのですが、それよりもやっぱりその弟子でアル宗さんが姉さんを蘇らせたのか、そもそもまともに蘇るのかが気になっていました。

冥界で家庭を築いて幸せだったお姉さんでしたので、宗さんはこれで諦めるしかなくほろ苦い終わり方になると見ていたので驚きです。いや、結局仙道も自分自身の不死はなったとしても他人にまで影響及ぼすことができるものとは思っていなかったので・・・。
ただ、やっぱり結局ほろ苦い終わり方だった。でも、この終わり方は納得いくものでした。

さて、次回作はなんでしょう。やっぱりなじみの薄い中国系のファンタジーは入り込みにくかった。やっぱり和風な作品に戻ってきてほしいです。

ネクログ(4) <完> (アフタヌーンKC)
ネクログ(4) <完>
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。