情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「戦国妖狐」10巻、千夜も月湖も青年になったけど、いつもどおり
「戦国妖狐」10巻、今巻途中で数年の修行の期間があり、主人公ふたりは青年に。
前巻での将軍編で盛り上がった真介と斬蔵はなんか土地に縛られてしまったため、彼らの活躍を見られないのは残念ですが、いずれ解放されると八卦猫が言っていますので待ちましょう。

うん、今巻もやっぱり千夜の自問自答というか自分の中の千の妖怪との会話が熱かった。けど、ここにきて千本妖狐に臆したりする人間くさいところを見せる千夜でもあって、ここに真介が居ればいい相談相手になるのに、なんて残念に思います。
たまもまた戻ってきて千夜と月湖と行動を共にしていますから、やっぱり真介いないのが残念だ。彼もすごい域に達しているキャラなんだから、もっと活躍してほしい。ああ、半分土地神状態なんだった、それはそれですごすぎるけどその土地から出られないし霊力ないしで地味だ。

そうそう、月湖がお色気剣法になってしまうほど美女に成長しています。いや、充分強くもなっていますが千夜を守るにはまだ不足気味。だから邪道・・・左道の力にも手を出したってぇ、これはヤバいフラグですよ。

戦国妖狐 10 (BLADE COMICS)
戦国妖狐 10
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。