情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スピリットサークル」1巻、7度の輪廻転生で殺し殺されの二人に未来はあるのか
「スピリットサークル」1巻、水上悟志作品の新作です。
1巻っていうと毎回その設定に入っていくのが恐くって、好きな作家さんの作品だけど読み始める前に心の安定が必要な私です。ただ、やっぱりお気に入りの方の作品、読み始めるともう夢中です。

今作は輪廻転生もの、現代での出会いの二人が過去に深い因縁を持った二人だった。ともに心霊的なものが見えたり、謎の守護霊がいたりと共通していますし、そもそも因縁の始まりは遙かな過去(あるいは未来?)にその守護霊たちとともにいた場面でしょう。
主人公のフータはなにがなにやらわからず読者視点です。そして突如現れた顔の傷を隠そうともしない美少女のコーコはなにもかも知っている因縁の人物。

既に7回輪廻転生している過去を思い出させるべくコーコはフータに戦いを挑みます。まあ謎の輪っかでぶん殴られて過去を思い出す展開。この過去が今のところ互いにどちらかを殺す物語です。そしてその最初の因縁がやはりコーコがフータに深い恨みを持つなにかがあるようで、とっとと教えてほしいけどそれはお楽しみですね。

でもフータはコーコにほれています、7度の輪廻転生のすべてを知ったあとのフータの思いに注目。泣かせる過去話ばかりですから、泣かせる展開なんでしょうね。そしてきっと次の輪廻転生は未来、そこには幸せな彼らがいた、なんて終わり方を夢想して、思いっきり裏切られるのも期待だ。

スピリットサークル 01 (ヤングキングコミックス)
スピリットサークル 01
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。