情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「進撃の巨人」9巻、群像劇になってきた、あとは巨人側の事情ももっと
「進撃の巨人」9巻、徐々に明かされる謎ですが、それよりも早く事態は進展していきます。
今巻ではエレンやミカサがあんまり活躍しなかったけど、見応えのある戦いが多かった。

いや、遂に普通に話す中ボス的な巨人も出てきたし、これで意志の疎通が取れるとなると物語は一気に変わる。ただ、なにものか全くわからない異形の巨人達だから恐ろしいので、あまり話するのもなんだとは思いますけど。

そして毎巻ちょっとずつうまくなっていく絵ですが、やっぱりシリアスなシーンなのかギャグのシーンなのかの見分けが難しい。今巻のギャグと言えば・・・最後にへたれたミケさんなんですが、なんていうかどうなの。せめて格好良く終わってほしかった。だって孤軍奮闘結構頑張った筈で、しかも喋って意思疎通ができるかも知れない巨人と遭遇したという見せ場まであった。だのにあの最後の情けなさ・・・。

そういうシュールさがたまにあるからこの作品は妙なおもしろさが残っていて、絶望的なんだけど、どこかできっと突拍子もないラッキーな展開があるようにも思います。そして、そんなご都合主義的なところがあってもなんか許せる私。

また、エレン以外にも敵方として巨人になれるものもいれば、なんらかの事情を知っている者もふらりと登場してきます。群像劇になってきておもしろいとは思うけど、場面が切り替わった時、誰が誰だか見分けがつかないのだけが困る・・・。
そしてそろそろもう巨人側も意志がある者がいるのだから、顔出さなくっていいので巨人側だけでのなんらかのセリフや場面も見せて欲しいなぁ。

進撃の巨人(9) (講談社コミックス)
進撃の巨人(9)


最後はまいどの嘘予告、遂にミカサはみかりんとしてアイドルデビュー! こんな腹筋割れたアイドルなんて・・・すごいです。
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。