情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「かみあり」4巻、おっぱい観音様と忍者千歩ちゃんがすべてだった
「かみあり」4巻、今巻も数々の新しい神仏が登場しました。

特に、おっぱい観音様が秀逸でした。おっぱいのせいで振られたと落ち込んで目がなんかどんよりしている祥子が、探し求めるのが、おっぱい観音様。もう一生分くらいおっぱいを連呼して探し回る祥子と、神仏を吸い寄せる体質だから巻き込まれた幸子とエミちゃん。幸子はまあそういう性格だし賑やかなの好きなので盛り上がっていますがやっぱりエミちゃん、もう幸子と同類に見られている・・・。

それにしても祥子はおっぱい様って叫びだすし、出くわす神仏はそう言えば巨乳が多めだった。いや母性を象徴する神様って基本的におっぱいが強調されるからそうなるか。でも、そんななかでもおっぱい観音様とも呼ばれる間々観音のインパクトはさすが本物、衣装のおっぱい強調なデザインもさることながら、祭られている寺院を自らおっぱいの宝石箱と表現されましたもの。
ラストのインタビュー回でも単なるおっぱい様ではなく、参道と産道をかけたりなにげにやっぱり母性の象徴であることを語っていただけて、よかったです。

そしてもう一人、表紙上側にいるの千歩ちゃん。黒髪美少女なんですが、不思議ちゃんな彼女が不思議すぎたから逆に怪しまれた? ことから始まる大騒動。結果大暴れてしていたのは彼女に化けた忍者の神様級の藤林長門神です。いや、というか千歩の言うとおりに藤林長門神が彼女のシュールな振りをしていたのが、素敵だった。「パン、ツー、まる、見え」なあのジェスチャーを今時する子なんですよ。神様だって訝しむけど、彼女がそれをするのはとても自然なのです。
しかもそんな千歩ちゃんはうまいこといって、忍たまになった。ええっと、これは今後なにかおもしろいことある予定でしょうか。

かみあり 4巻 (REXコミックス)
かみあり 4巻
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。