情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヴィンランド・サガ」12巻、久々のトルフィンの全開戦闘が見られて満足
「ヴィンランド・サガ」12巻、前巻の引きで怪しい逃亡奴隷が迫っていました。
さあ今巻はトルフィンが戦うんだとわくわくして待っていましたが、なんだかトルフィンは変わっていた。いや、これまでもどう見ても奴隷になってからは戦いから一歩引いていたけど、その理由が明白に。
そして、戦闘民族から奴隷になった末の彼の目指すべき道筋を見せてくれました。

が、非暴力、戦争も奴隷もない世界って大きく出たな。そして目指すべき未開の大地ってアメリカ大陸方面でしょうか、最後はそこに向かって仲間達と旅立つというエンディングが浮かんできてしまい、消化不良に終わらないように願うばかり。
やっぱりクヌートとの再会、戦うにせよ共闘するにせよ、クヌートの物語まで完結させてから、トルフィンにはその旅立つラストを見せて欲しい。

なんて思いつつ、今巻まさかの蛇との戦いになったものの久々に全開でいくトルフィン、そして蛇とトルフィン両方が互いを強い、なんでこんなとこに居るんだ?って思う様がいい。こんな少年誌的展開に久々になってきたものだから、このふたりが組むのも見てみたいなんて都合のよいこと思っています。

ヴィンランド・サガ(12) (アフタヌーンKC)
ヴィンランド・サガ(12)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。