情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」、考えるネタ多くっておもしろかった
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」観てきました。
TOHO二条を選んだのはメイン系列のT-joy京都は混むだろうと思ったから。だけどまあ一緒だった。ヱヴァはいっつも初日は列ですねぇ。

まずは同時上映の巨神兵、ナウシカでの印象よりもでかすぎて違和感。それにつきた。

で、その微妙な空気のまま本編開始。案の定昨日の破TV版の後の冒頭シーンと違う。観といてよかった、けどもう怒濤のシンジくんがきっつい展開で、苦しかった。破でシンジさんって感じに格好良かったのに。
そのままサードインパクトならシンジはレイと一緒に幸せだったのかもと思うけど、カヲルくんが邪魔して、今回も案の定仲良しさんになっていく。ただ、今回のすごいシンジくんにプレッシャーのかかる展開の仲ではやはり彼が救い。しかもよりシンジを助けようと動いてくれている感じが好感もてる。
対してレイを救ったと思って気がついたら14年後で自分がサードインパクトの元凶だって言われるシンジ、そりゃあ拗ねてしまうよね・・・。と思いたいけど、やっぱりシンジさんからガキシンジになったのか。

とにかくいろいろ一気に進んだ時間の穴埋めは断片的すぎてそこをもっと知りたい。トウジの妹も出てきてかわいかったし、若干トウジ絡みで影響あるのかシンジに優しかったけど、やっぱりトウジはいないから・・・。居たらフォースチルドレンとしてヱヴァに載っている若いままのトウジを見ることができたかもなんだけど。

元気だった(?)アスカがガラス越しにシンジをぶん殴るのも、彼女はそんなキャラじゃないからやっぱり殴ると言えばトウジ、トウジと友達だった委員長の分も含めて殴りかかったのか。う、そう言えば加持さんも居ないね・・・。見た目は14のままだけど中味は14年経過な大人なアスカさんが今回はカヲルくんと並んで素敵なキャラだった。
最後に無気力になっているシンジをよっこいせと起こしてあげたり、敵方であるネルフに捕まるだろうけど現実的に助かる方向へ動こうとしていたり、マリとも喧嘩せずになれなりにうまくやっているし。

ほか、マリも実はもっと昔っからあの姿のままかもと思わせる言動があったりその謎は尽きない。もう一度観に行くのかなぁ。

でも、こんな気になるところで終わって、予告も全然わからないままの予告だったし、早く次が見たい。当初の計画通りに同時に公開だったらほんと、嬉しかったんだけど。また、きっと予定をさらに遅らせての公開なんでしょうね・・・。と思って来年にはあまり期待しないでおこう。うん。

さて、朝並んでかったグッズ。二条で観た後T-joy京都に行ったけれどもこっちは結構売り切れていた・・・ああ、T-joy京都のが混んでいたのかも。
破の時のパスケースを愛用していたのですが、今回のICカード用になったパスケースはなんか微妙。うーん、グッズはタオルとクリアファイル程度。
と思っていたけどヱヴァ缶をクリアファイル欲しさに買う。でもヱヴァ缶、6個セットで6種そろわないのね・・・きつい。クリアファイルだけで我慢です。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 公式サイト
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。