情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「怪物王女」19巻、遂にわかる王族の正体、姫の余裕がやっぱり素敵
「怪物王女」19巻、いよいよ王位を継承する戦いもクライマックスを迎えようとしています。

ここに至って遂にあの不死鳥の姿で現れる成人となった王族の意味が明かされますが、もう既に姫は不死鳥化できるし何故成人にならねばならないのか、根本的な問題です。

ヒロも充分に成長し、遂に血の戦士から炎の戦士と変貌を遂げました。この炎は姫の不死鳥の炎だからもうヒロも姫や王族の血を必要とせずに不死身になったのでしょう。でも、この固い絆はもうほどけようもないですから、逆に血が必要という呪縛が解けた分より強固にいつまでも姫とともにいるんだろうな、となぜかほっとしています。

そんな本編のクライマックス間近でどんどん盛り上がる中、リザと令裡さんという本来憎しみ合う関係の種族の二人の友情が厚い。また久々のリザの吸血鬼化もあった。令裡さんが嬉しげにリザにかぶりつくのがなんともかんともほほえましい?

姫がいつだって余裕の笑みがやっぱり素敵です。ヒロ達を切り捨てて脱出をはかるように促されても「ふふん、断る」なんて言ってのける彼女ですからね。

怪物王女(19) (シリウスKC)
怪物王女(19)


なお、同時発売の
南Q阿伝(1) (シリウスKC)南Q阿伝(1)
も買って500円切手を送ると全プレでクリアファイルがもらえます(2012/12/14まで)。500円切手というのが微妙に面倒ですけど。
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。