情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ScanSnap「iX500」発表、「裏写り低減機能」に期待、早くレビュー記事出てこないか
ScanSnap「iX500」が発表されました。私にとってなんていいタイミングでしょう。

はい、これまでずっとコミックを主として電子書籍化をしてきていましたのが従来機の
FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
です。
ここのところ読み取り面に恐らく小さな傷がついてしまったのでしょう。カラーで色の濃い原稿、それも長いもの(カバーです)を読み取るとカラフルな線が引かれる場合が多くなっています。逆面で読み取ったり他のフラッドなスキャナー使ったりして読み直して大変なのです。

そろそろ買い換えたいので、他のメーカーもちょこちょことチェック。
Canon imageFORMULA DR-C125 A4対応 CISセンサー 給紙枚数30枚 重送軽減リタードローラー採用 Uターン排紙省スペース設計モデルCanon imageFORMULA DR-C125 A4対応 CISセンサー 給紙枚数30枚 重送軽減リタードローラー採用 Uターン排紙省スペース設計モデル
とか、
BROTHER ドキュメントスキャナー ADS-2000BROTHER ドキュメントスキャナー ADS-2000
とか、
EPSON シートフィードスキャナー ES-D350 A4対応 CCDセンサー 給紙枚数75枚 両面同時読み取り対応 重送検知機能搭載EPSON シートフィードスキャナー ES-D350 A4対応 CCDセンサー 給紙枚数75枚 両面同時読み取り対応 重送検知機能搭載
とか出てきて、どれにするか吟味していたのですが・・・実はそれらはそれぞれScanSnapS1500に勝っていても若干気になる点が見え隠れしていて踏み切れない。
だから使い慣れている同じScanSnapS1500を買う方がいいか、なんて思っていたのです。

それが今回の新製品、廉価版とかではなく同性能にさらにプラスの機能がある後継機とのことなので、一も二もなく購入でいいんじゃない?

特に嬉しいのが読み取り速度の向上とUSB3.0対応です。読み取り速度が向上しても転送が追いつかないなんてことになると悲しいですしね。
なお、一般的にコミックを読み取る際に使用するスーパーファイン(300dpi)でS1500で20枚/分が25枚/分に、もっとも綺麗に読み取るエクセレント(600dpi)が5枚/分から7枚/分になっております。うーん、実はエクセレントの向上率がすごいんだけど、やっぱりそんなもんな速度ですね、世間はRetinaディスプレイの状況ですので、そろそろ600dpiでのスキャンも実用的にできないものかと思っていたのですが、まだまだ未来です。

モバイル機器とのPCレスWi-Fi接続(ただしエクセレントでのスキャンは不可)も売りっぽいですが、それならPCともUSBなしでも接続可能にしてほしかった・・・ま、絶対転送が遅いだろうけど。

重送対策も遂にブレーキーローラーが付いたので確実感が高まり、さらに寿命も1年になったけど交換部品も1.5倍程度に。トータルだとお安い。

そして非常に気になる「裏写り低減機能」です。コミックの場合紙質によっては常に裏のページの枠線が映り込むことがありましたからこれがうまく機能すると、非常に嬉しいです。

早く性能評価記事とか出てきてほしい。それを見てさくっと購入を決断したい。

PRESS RELEASE 新世代ScanSnap「iX500」登場 | PFU

富士通 A4スキャナ[600dpi・USB2.0] ScanSnap iX500(Windowsモデル) FI-IX500-C
富士通 A4スキャナ[600dpi・USB2.0] ScanSnap iX500(Windowsモデル) FI-IX500-C
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。