情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ウィッチクラフトワークス」4巻、火々里さんの過去がまたクールすぎ
「ウィッチクラフトワークス」4巻、もうアニメ化決まったんですか、火々里さん? って帯と表紙の火々里さんに訊きたくなることしきりな一気の展開です。この段階でアニメ化って、もうちょっと話ためてからでも・・・なぞと1巻からついてきたファンとしては嬉しくもあり、淋しくもあります。だって、アニメが終わるとなんか世間は原作が続いていても終わった感じで忘れ去られていくことが多いから。

と、そんなことはかまわず、本編、いや番外の本体表紙側でもクールビューティな火々里さん。甘甘すぎて高宮くんも相変わらず引き気味です。が、やっぱりわざと胸を見せつけたり押しつけたり、火々里さんはひたすら積極的です。
そんな彼女が母親との対決に備えて力をつけるために高宮くんが前回石化から彼女を戻した以上の濃厚な結び付きを果たし・・・光り輝きました! いやー、ある意味濃厚というか仲むつまじいというかですが、どう見ても高宮くんは危機を感じざるを得ない。左手であさってむいての耳かきなんて・・・。

また、中学時代のまだ若干控えめな火々里さんの話や高宮くんを探すきっかけとなった謎の夢、そして高宮くんを見つけた瞬間の彼女のおなかの古傷の痛み、など気になる展開満載です。その過去でも淡々とクールに過ごす彼女、いつしかアイドル的魅力を纏うまでの一気の展開が素敵です。天性のカリスマがあります。

そしてまたも高宮くんに修行をつける火々里さんは一見鬼のようなフリをしつつも、実は檄甘なのはいつものことだった。
そしてとばっちりの災難に遭うのはケモミミたちだった・・・。そろそろケモミミ達が愛しくなってきた。名前も判明したし、一気にブレイクしてほしい。

ウィッチクラフトワークス(4) (アフタヌーンKC)
ウィッチクラフトワークス(4)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。