情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ネコあね。」1巻から5巻まで一気読み、ネコで姉の杏子が妹みたいにかわいい・・・
「ネコあね。」前々から気になっていたので、マンガ喫茶で読むかと探すと・・・ない。
古本屋さんで1巻が立ち読みできたので半分読んで、そっと閉じました。はい、おもしろくないんじゃないですよ。
ここで立ち読みはもったいない、早く既刊全部購入してうちでじっくり読んでみたいってことで、です。

そういうことで最近は本屋さんもポイントがついたりするので大量に購入するとポイントの付与率も増すことを利用、他にも買いたかった作品と合わせて買ってまいりました。

まあなによりこのほんわかしたネコ・・・ちょい尻尾が分かれているので猫又な姉の杏子が一所懸命人間の弟、銀ノ介の面倒をみようと頑張る様がかわいい。杏子は高校生以上の歳を生きている筈ですが、やっぱり猫又になるには早すぎたのかどう見ても背伸びして一人前を気取る妹のようです。
途中からはネズミの長生きさんでこれまた尻尾の分かれたチュー太郎(だけど女の子)も登場、さらにちっこくかわいい。こっちの方が案外しっかりさんだけど、もしかして見た目と違ってもっと年上?
ほかにも主人公の同級生でなんか独特の眠たげな瞳で飄々としていボーイッシュな早瀬さんも独自の雰囲気を築いています。ヒロインになるにはおしが弱いけど、なかなかいい子でネコ姉の事情もわかって相手してくれる優しい子。

そして銀ノ介の事情でたまに泣かせる話が差し込まれる。このほのぼの絵柄でそのネタがくるといけません、泣いてしまいます。

さらに徐々に崩壊のきしみも聞こえてきています。っていうと恐いけど、杏子が無理して猫又になったことから、もしかして寿命が尽きかけている? なんて重いテーマが本人がなにもしらずに楽しくお姉ちゃんしている後ろで進んでいます。
案外どうってことのないオチこそ期待しているんですが。でも単に普通のネコに戻ってしまうだけでもその焦燥たるやいかにって銀ノ介でもあるし、読者もそう。願わくば思いで猫又になったのなら、その思いをもっと強くして生き延びてほしいです。

ネコあね。(1) (少年マガジンコミックス)
ネコあね。(1)


ネコあね。(2) (少年マガジンコミックス)
ネコあね。(2)


ネコあね。(3) (少年マガジンコミックス)
ネコあね。(3)


ネコあね。(4) (講談社コミックス)
ネコあね。(4)


ネコあね。(5) (講談社コミックス)
ネコあね。(5)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。