情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界の果てで愛ましょう」7巻、壮絶な愛の物語になってきた、そして遂に涼馬がその心を決めた
「世界の果てで愛ましょう」7巻、まさにヒロインな涼馬、今度は囚われの身となり、命の危機もまた当然の如くある極限状態です。

そしてやっぱりあのエミリオは涼馬に対して本気なんだとわかる数々の描写、今回は獣に変えられ徐々に人間としての意識や理性がなくなるなか、涼馬をまさに喰ってしまうかどうかの逡巡で選んだ彼の行動がかっこいい。もう、涼馬も遂に自分の気持ちがはっきりとわかったようです。・・・って天然な涼馬だからそう思わせておいて、かも知れないと構えつつももう物語も佳境、もう男やめてOKだ。っていうか2巻以降はどう見ても普通にヒロインしていたし。

だけど、この大きな試練の後にきた次の試練? というか弟の裕くんがなぜだかタイタニア的膂力を持ち始めています・・・。これで遂にエミリオとの直接対決もできそうで意気込む彼ですが、それってタイタニアの王女アリシアさんとますますお似合いに・・・。よし、やっぱりもう物語は収るところに収るぞ。

世界の果てで愛ましょう 7 (電撃コミックス)
世界の果てで愛ましょう 7
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。