情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」14巻、完結。だけど大きな謎は続編へ
「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」14巻、完結しました。
ミナ様が偽者だということで進んだ途中の展開でしたが、最後はもうどっちがどっちだかわからない・・・。ってやっぱり偽者は偽者だった様子ですが、結局生き延びている。今後ある続編でその辺りの何故そっくりな二人がいるのかの秘密が解き明かされることになるのでしょう。

マエストロな由紀も遂に解放な上、声も取り戻して主人公側はだいたいいい感じになってしまったわりには、アルフォンス、なんか彼が一身になにもかも背負ってひとり納得して退場。アキラもつきあわなくてもいいと思うんだけどなぁ、まあ散り際くらいかっこよく決めさせてあげないといけないか。

また、ヴァンパイアメイド達の顛末描き下ろしもちゃんと完結? だんだんとストーリーの裏をきっちりとっているもうひとつの物語になっていたので、最初の頃の由紀を信奉する怪しいおもしろさがなくなったのは残念ですが、続編でそれの復活を期待します。

さて、そろそろ去年の春頃に届く筈だった全プレ小冊子、届くといいんだけど・・・。

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 14 (フラッパーコミックス)
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 14
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。