情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「高杉さん家のおべんとう」6巻、高校に入って早速孤立化なくるりです
「高杉さん家のおべんとう」6巻、帯がなにやら不穏なことを書いています。だからどきどきしながら読まなくてはいけないです・・・って連載読んでいるので顛末わかっていますけど。

という連載を再確認する単行本、高校でまたも孤高の存在になりかけてしまう久留里は相変わらずでしたが、頑張った。ついでにハルさんも頑張った・・・けど、今巻ラストで帯の言葉の意味がわかる事態となります。

取り敢えず、くるりが学校で部活にも入ってなじみ始めています。頑張れと毎回手に汗握ってしまいます。赤面しての原稿取りもいいものかもだけど、くるりのスーパーちらしに燃える様がやっぱりいつもいいですね。いつかそんなスーパーちらしに興奮する仲間を見つけて欲しい。

描き下ろしは少々くるりにつきまといすぎてくるりにえらく避けられてしまったマルくんのこと。いや、くるり目線になってしまうからマルくんの事情を鑑みたくないのですが、しっかりフォローされてくるとまた今後のマルくんの活躍にも目をつぶらざるを得ない、ずるい。

高杉さん家のおべんとう6 (フラッパーコミックス)
高杉さん家のおべんとう6
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。