情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あまんちゅ!」5巻、夏休み満喫、でも怪談まで満喫したくなかった
「あまんちゅ!」5巻、夏休みの巻です。とっても夏休みな展開で、ダイビング以外にも花火や、怪談まで満喫でした。

はい、いきなり入った怪談回からです。これがもう恐かった・・・。ARIAであったチェシャキャットのような恐いけどどこか温かいそんなものでなく、もうこれホラー専門の雑誌の一話として載せていても違和感ないくらいに、恐い話。もう夜に路線バス乗れませんよ・・・。
しかもこの恐怖の体験をしたので、ぴかりです。彼女のことだから怪談もぴかっと眩しく輝く彼女自身でなにごともなく終わるかと思ったのですけどねぇ。こういうのはてこが体験するべきだったかと・・・って、てこだとほんと絶対その後に支障が発生か。

そして、ダイビング合宿にきてあったのがこれまたある意味ホラーなG回・・・。ええ、私もGと訳してすべてを口にするのははばかられます。ただ、弟くん先輩、あれはないね・・・。そして姉ちゃん先輩頑張った。やっぱり持つべきは姉ちゃん先輩ですよ。まあ、姉だという横暴なところがあるけど、それもまたいいか。

てこはてこでダイビングでの進展あり、しっかり自分自身の一歩を進んでいきます。ぴかりの荒療治があったものの、てこがしっかりさんになっていくのは淋しけど、やっぱいい。

最後に先生、G回では逃げ出したというひどい人でしたが、ダイビングはしっかり先生だった。けど、最後の花火の話題では彼女が主役だった。ぴかりが準備してくれた最高の場所での鑑賞だから褒めるべきはぴかりだけど、主観は先生、彼女の子供の頃見た幻想と思っていた満天360度の花火の感動がうらやましかった。

あまんちゅ! 5 (BLADE COMICS)
あまんちゅ! 5
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。