情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「劇場版魔法少女まどか☆マギカ後編」観てきました、そしてフィルムもなんとかいただけました
「劇場版魔法少女まどか☆マギカ後編」、京都で第1回上映が確保できなかったので朝からなんばまで行ってきました。
前編観て思った後編では新規展開あるかも? は特になかったのですが、新規カットはあった。というかなによりもやっぱりほむほむコネクトな途中OP(?)があったのがよかった。
これを観て、ああ、前編+後編のここまでは長い長い序章で、ようやくここから本編、そうほむらが主人公となった本編が始まるのだと感慨ひとしおでした。

最後は期待していた新作の予告も長く入って、俄然来年が楽しみになってきました。

そのまままた京都に戻ってあと2回観てフィルム2枚もらっておしまいです。うん、舞台挨拶の後の回からだからもう一日仕事でした。

そして期待と不安の入り交じるフィルムですが、最初になんばでもらったのがいきなりほむほむ! しかも場面切替えでゲーセンでDDRする杏子とほむらが話すシーンまであってお得。よかった、ほんとよかった。フィルムは少ないって話だし、背景とか魔女とかだったらどうしようと思っていたので。
その後京都でも2枚もらって、深夜母にさやかのことをぼかして相談するまどかのシーンとさやかがパトロールに行く際にマンション玄関で待って話しかけるまどかのシーン。おお、前者は暗いけど後編にも引っ張る悩み事相談だし、後者はちょっとキャラ小さいけど魔法少女になって頑張るさやかとまどかの友情の確認のシーンでもある、地味にさやかの肩にキュゥべえも載っているし。
とにかく、主要キャラが引けてよかった。あとこれでマミさんあれば主要キャラ全員網羅だったんだけどと贅沢いいつつも、京都T-joyで訊くともう今日の最後の上映あたりでフィルムなくなるとのことでした。ほんと、ぎりぎりですね。

img832_l.jpg
img834_l.jpg
img833_l.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。