情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「碧海のAiON」11巻、最終巻、最後のあれはやっぱりギャグ・・・
「碧海のAiON」11巻、遂にセーネの戦いも終わりを迎えました。
結局は魔女の手の上で踊らされていただけですが、それもわかってセーネは闘っていたのでしょう。すっきりと決着、そして恋の行方もまさかの死に水を取るところまでの展開・・・って一気に年月流れたけどさ。

ただ、これまでの彼女と違って、ここで遂にもうその永遠の命を捨てたところで物語は終わります。なんか、感動的になったけど、その直前がいきなりお墓の場面になるから、まあシュールだった。もうちょいその後の達哉との幸せな日々を描いて欲しかったよ。きっと充実した幸せな日々だったと思うんだけど。

ということで黒幕の魔女もまたえらい永遠の先の時まで見据えて動いていることもわかりましたし、彼女達がまた誰かを使って物語を進めていくこともあるのでしょう。・・・けどまあセーネみたいな子はもう出てこないでほしい。やっぱ最後は幸せだったけど、それまでの苦悩がきつすぎた。

碧海のAiON 11 (ドラゴンコミックスエイジ)
碧海のAiON 11
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。