情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「青空にとおく酒浸り」7巻、連載誌休刊の前後の話が入っていますが、なるほど、ほんと途中で休んでいたんだ
「青空にとおく酒浸り」7巻です。
シノさんと尻神楽さんとの壮絶なバトルの巻です。が、実際連載で読んでいたのでその途中のコミックリュウ休刊時の間が・・・長かったんです。だから作中でもそのネタに触れていますが、うん、全然セリフとか注釈とかなしで省力していますね。この作品の全般がそうなんですけど。
たまには作者後書きコメントとか、カラーイラストがシルエットじゃなくなるとか、してほしい。

さて、そんな本編、尻神楽さんとこの軍団の恐ろしさ、もうあの里の人々は人じゃないMM集合体、一個の生命体みたいなもの。作品が作品ならもっとホラーな展開になって、そこに紛れ込んだシノさん以下正義(?)のMM系が最終的に村を焼き払って大団円な世界。この作品ではおもしろ愉快に描かれていますけど。
だから彼らの連携プレーがすごかったし、この集合体だという謎が解けていく過程も説明くさいもののSFでおもしろかったです。

とは言え、最後はやっぱり小朝親父がすべて持っていく。まあMM化しすぎて人間やめかけていた時のシノさんの惚れてしまった言動にも問題ありだけど。

青空にとおく酒浸り(7) (リュウコミックス)
青空にとおく酒浸り(7)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。