情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「史上最強の弟子ケンイチ」48巻、そしてハブリッド外伝な「プラス」、本編シリアス、逆に外伝はギャグっぽくてともによし
「史上最強の弟子ケンイチ」48巻、そしてハブリッド外伝な「プラス」が同時発売です。
前巻までは限定版でアニメDVD付きがありましたがそれは今回一休み、次巻49巻ではまたアニメDVD付きがあります。
でも作者的には絶対一休みじゃないでしょう。外伝の「プラス」は別雑誌に掲載したものに描き下ろしや加筆やらですから。

そんな本編、美羽さんがさらわれて案の定記憶を抜かれた隙に変な記憶を植え付けられています。しかもジュナザードの情に訴えつつも薬も使って緩やかに洗脳していく様や、彼の過去の所行を聞くにつれ、一影九拳でも話のわからない方と見た。っていうか危険すぎる人物です。こんなのにいいようにされたら美羽さんがあっという間に闇の拳士となってしまう。
というか表紙の仮面の美羽さんがもう既にそうじゃない? いつもならお楽しみのカバー裏側の描き下ろしももう闇に堕ちて瞳がいっちゃっている美羽さんだし。

瞳と言えばだんだんと幼い感じのキャラにみんななっているので相対的に瞳が大きくて注目するようになっています。
その瞳の虹彩がキャラによっては薄く幾重もの輪になってきていて、迫力が出てきています。美羽さんは今回ばかりは闇に堕ちているのでおかしげな色合いだし、ただ、ケンイチだけはよっぽどのことがない限りは普通の描かれ方しているところもあくまで普通の高校生ということなんでしょう。
その瞳の力で見ると闇側のハーミットとかカストルとかは普段でもそんな色合いで恐いし、猫瞳だとばかり思っていた連華もそんな瞳だ。やっぱそこそこ強いとそうなるの? うーん、宇喜田、頑張れ・・・。

取り敢えず一息つく間もなくケンイチは美羽さんを追って海外へ。シリアスばかりできついなか久々の美少女登場、かつてケンイチと闘って破れたジェイハンの妹のロナさん。姫と呼ばれるキャラはいいですね、泰然とした様が風格を感じます。ケンイチに水浴び見られたくらいじゃ動じないところもまたいい。
プラスおつきのシャームが健気に頑張っています。逆鬼さんの迫力にたじたじになりながらも姫を守ろうとする様がいい・・・って姫の後ろに隠れて剣振り回してもダメだろうけど。

後は、闇に堕ちた美羽さんをケンイチがかっこよく救い出すという展開がくるんですよね? そろそろケンイチが美羽さんにとってどれだけ重要なのかを美羽さんに気付いてほしいです。

史上最強の弟子ケンイチ 48 (少年サンデーコミックス)
史上最強の弟子ケンイチ 48


そしてハイブリッド外伝です。これは本編の話の間になにがあったかを探る3短編。とは言ってもそれぞれ独立して読み切りで読んでも充分おもしろくできています。単に隙間にこんなことがあったんだ・・・でファンが満足するだけじゃなく、余り光の当たっていない脇役キャラが主役となってその活躍が思う存分描かれています。
ひとつめ、谷君と叶翔の過去の因縁を見るとやっぱり谷君はいい奴だってわかります。叶翔もかつてはもうちょっといい奴だったと思うけど、どうなんだろう?

ふたつめ、これがロキと部下20号の華麗なるスパイ活動の記録。いきなり20号のシャワーシーンでサービス全開で始まりますが裸よりも彼女の瞳に注目。光彩の輪・・・じゃなく十文字の光が入っています。ある意味最強の瞳を持っていますね、いっつも暗視ゴーグルみたいなの付けているのがもったいない。暗視ゴーグルが本体みたいに思っていたけど、この瞳なら外しても20号とわかってキャラ立っています。さらに影武者部隊の中で一際太ってキャラ立っている108号も今回でいい味だしていました。
とにかく、20号、108号、そして多くの影武者達が未だロキをしたい探偵事務所をしているのが嬉しい。しかもその最大の顧客が新島総督だったことで、彼のあの情報収集能力にも頷けます。ロキ達が一影九拳の元に潜入調査して危ない橋渡っていたんだ・・・。
後はロキもあのゴーグル外すと男前、でもピンチにはすぐ20号を盾にして逃げる奴・・・。だったのがちょいといい話も織り交ぜつつ、チームとしてこっちもまとまっているのが気持ちいい。

みっつめ、これもまた連華のシャワーシーンから始まります。でも主役は彼女ではなく九官鳥のピースケ17号、そしていつぞや命を救われて匿われている中国拳の弟子三人組。この九官鳥ピースケが実は(やっぱり?)天才九官鳥で人語を解して話します。彼から見た連華や周りの人々の思いが単刀直入に描かれています。そう、本編でははっきりしていなかった連華の御守な劉と諸葛が彼女に抱く思いだとか、連華がやっぱりケンイチ大好きだとか。
とにかく賢いんですが、それ以上にかわいく描かれているピースケ、全然デフォルメもされていない九官鳥なだけなのにそのたたずまいやちょこんといる様、ついでに弟子三人組に話しに行ったところとかもうラブリーすぎて、ちょっと恐い・・・。いやー「あんしんあんしん」って言いながら夜中に扉開けて入ってくるのはやっぱ・・・恐いよね。

そしてカバー裏の描き下ろしはいつも以上にお楽しみすぎます。今巻で活躍した女性キャラ総出演でお風呂で水鉄砲合戦。20号がまあ、かわいいんだわ。

史上最強の弟子 ケンイチ プラス (少年サンデーコミックス)
史上最強の弟子 ケンイチ プラス
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。