情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コンシェルジュプラチナム」4巻、九音がコンシェルジュになっている・・・
「コンシェルジュプラチナム」4巻、今巻は妙に九音の人間臭さが描かれています。
これまでは心理学者然として、大きな壁が他の人とあるようだったのですが、スタッフに溶け込んでいます。彼のもっと超然として淡々と人間心理のテクニックを魅せていく話も好きですが、無印のコンシェルジュによくあったみんなで一緒になって問題を解決していく展開もまた、よし。

そんでもって今巻からは無印との架け橋(?)だった有明先生も出てこないし、他にも無印のキャラがいなかった。後ろ姿くらい? それぞれ癖の強いキャラばかりで絵的に落ち着かないのですが、逆に見分けやすいし今後もこのスタッフで盛り上がっていくのは楽しみです。ええ。ようやくキャラが覚えられた、と思う。
・・・いや、四月さんだけは登場してこの人誰だっけ? 状態だったけど、もう多分大丈夫。

なお、一番好きなキャラはやっぱり今巻でも困り眉の十津川さん、彼女は優秀なコンシェルジュなもんだから特に大きな問題にならない分動かないからもっと活躍の場を与えてほしい。今巻もなんていうか、九音の成長をよしよしと見守るお姉さんみたいな感じだったし・・・それはそれでいいんだけど。
そう、いつか出てきて欲しい無印のコンシェルジュ達との掛け合い、どんなことになるのか見てみたいなぁ。

コンシェルジュプラチナム 4 (ゼノンコミックス)
コンシェルジュプラチナム 4
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。