情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハンザスカイ」13巻、最後の穂波戦、気持ちよかった
「ハンザスカイ」13巻、完結巻です。
IT県大会団体決勝での盛り上がり、この熱気のまま個人戦が楽しめるかと思っていたのですが、さらっと結果発表。いや、実は地味に型の試合や、それできっと意外な誰かが活躍、とか楽しみだったのですけどそれらはなく、IHへの練習の日々に戻りました。

ちょっとそこらへん、もうちょっと大会を楽しみたかったので消化不良かな、などと思っていました。が、龍之介がある程度高いレベルにきて伸びづらくなってきた段階での苦悩の日々がここで描かれ、それからの脱却がまた気持ちよく描かれていました。またひとつ成長していく彼に乞うご期待。

また、ここでまさかの佐倉押し? もう道着着ての1ページまるごとつかっての「おすっ」ポーズがかわいくってしかたありませんでした。こんなかわいい子だったんだ、最終巻までとっておいたのはもったいない、なんて思いました。でも、彼女にここで龍之介が先達として教えることで彼の苦悩が取り除かれるのですから、計算されている展開だったのです。

最初に穂波にこてんぱんに負けたことで始まった龍之介の穂波への気持ち。最後にまた練習試合を行って、まだまだ穂波が強かったけど、だからこそ1ポイントでも取った龍之介の成長が嬉しい。まだまだ強くなれる余地があるとも言えるし。でもってさらっと告白した彼に射落とされたのは穂波、後日譚はないの?

後半あっという間に進んでいってIHは始まったばかりで終えてしまいましたが、この試合のすがすがしさで気持ちよく完結を迎えました。
早く次の連載が読みたいです。

完13巻ハンザスカイ
完13巻ハンザスカイ
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。