情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新・鉄子の旅」4巻、被災地と鉄道、この絵柄で正直じんわりと心に響きます
「新・鉄子の旅」4巻、今巻はこれまでの横見さんに振り回される群像劇ではなく、被災地の鉄道を特集した巻でした。
いや、でも結局横見さんはハイテンションだったけど、いつもより抑え気味。じっくりと被災した鉄道の復興について語られています。

いつもよりも説明が多いのは仕方ないにせよ、とにもかくにもみなさん頑張っている。辛い辛いという話ではなく、なんかそこの鉄道に乗りに行きたくなる。そういう前向きな話ばかりでよかったです。
そんな中、横見さんは変わらない無神経さかというとそんなことはなかった、よかった。なんかもう大はしゃぎして皆さんどん引きとかいう展開もあるかと思っていたので・・・。

ただ、これも作者のほあしさんがいかに描くかにかかっているのです。作中では前鉄子でだんだんと悪態が激くなっていった菊池さんにヘルプを求めるほど横見さんに苦悩している模様でしたが、これまでよりも渋く横見さんを描いていました。取り敢えず横見さんをおもしろく描くだけにして、悪口描かないようにしてください。ほあしさんの絵柄はほのぼのしていて、特に今巻は被災地の人との交流を多く描かれているルポものになっていますが、これが意外にもよく合う。合いすぎて毎回毎回最後涙なくしては読めなくなるのです。特に泣かせようという展開でないけど、この絵柄でたんたんと描かれるともうそれだけで涙腺が緩む。

もうね、帯にある三陸鉄道応援切符、買わざるを得なくなっちゃう。
新・鉄子の旅三陸鉄道応援きっぷの発売について « 三陸鉄道株式会社の公式サイト

新・鉄子の旅 4 (IKKI COMIX)
新・鉄子の旅 4
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。