情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「咲-Saki-」10巻、デジタルが降りているのどっちもやはりオカルトでした
「咲-Saki-」10巻、今巻の見どころは非常にはだけている彼女、薄墨さんの鬼門寄せから裏鬼門へとつながる風牌の流れですね。

これを睨んで(?)阻止することができる塞や、健気に頑張る愛宕妹も交えた心理戦の中、唯一人デジタルなのどっちとして打つ和がよかった。
あのたんたんとした様がオカルトそろいの面々にも負けず劣らず、ある意味オカルト。ヤクマン振り込んでも動揺なしで逆に周りが動揺していたし。

そんな和の活躍の後、遂に咲登場。ああ、それにしてもどの面子も毎回オカルト揃いですね。次はどんな技を繰り出してくるのかが楽しみな中、やっぱり咲は通常運転。瞳に陽炎が浮かぶ様がやっぱ主役だと思わせます。でも、そろそろ咲にも次の技を準備してほしいとか思ったり・・・。

咲-Saki-(10) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki-(10)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。