情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「怪物王女」18巻、今巻はナウシカオマージュ強し、そして新たな解釈(?)が
「怪物王女」18巻、表紙の姫は仕込みステッキ。いつになく流血度が低めですが、これはことをした後のしまっている時なんですよね? ・・・クールな表情の姫がやっぱりさすがです。

さて、本編は謎の煙立ち上る空間での不思議展開。入ってみるとこれは腐海、妙に見覚えのある羽虫が飛んでもいますし今回はナウシカ(それも原作の)オマージュ展開です。
そして、その中の空気に触れて人が変わったシャーウッド、そしてギリアム。だけど変わらないフヒトも居て今回もフヒトの策略だったのでしょうか?
否、結局これは地球外生命体、最後の最後にフヒトに滅ぼされる前に次への種子を宇宙に射出というロマンある展開でした。これってナウシカも最終的に宇宙を目指せば最終的に滅ぶ運命を否定するグッドエンドになったかもと提案しているのですね。
なお、これにてギリアムも退場。ただ、シャーウッドは姫が助けた。この力はもう不死鳥の力なんだろうし、そろそろ姫も他の王族ときっちり雌雄を決してほしい、勝てるでしょ?

なんて思っていたら姉のシルヴィアさんもこんな芸当ができたことが判明。ああ、決着つかない。こうなるとシルヴィアさんは黒いからなぁ・・・。

などとありましたが、今巻は久々にブッチー主役回があった。学校の怪談的展開にヒロ以外にリザも参戦、遂には令裡も参加しての救出劇になりました。案外彼って大事に絡むよなぁ。
ブッチーにかつて高度な生命体が取り憑いたようなことあったけど、ここでその伏線回収。この能力を無意識に持ったままなブッチーが惜しい。かなりすごい戦力になる筈なのに。
でも秘密ノートを見られて令裡さんの下僕になってしまったし、いいように今後も使われるぞ。って、シャーウッドとも一緒に探検する関係だったブッチー、三角関係か? ただ、どっちにせよ彼はやっぱり下僕なんだろうけど。

・・・でも令裡さんにハートマークのエフェクトつきでかぶりつかれているからすっかり魅了状態なんでしょうね・・・って、これももともと彼は令裡さんのファンだった筈だし、結局いつもと変わらずか?

怪物王女(18) (シリウスKC)
怪物王女(18)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。