情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ウォースパイト~マルスの目」1巻、人のいるところはどこも戦場だ
「ウォースパイト~マルスの目」1巻、人を見るとそのすべてを戦場に投影してします主人公東郷。
いや、人の心の今のありようをかつてのあまたある戦場のどこかの場面と一体化してそこでの精神的な戦いに勝つことで現実世界にその結果が反映される・・・。

SF精神感応ものというか、場面展開が激しいし数々の戦争の特殊な場面を知り得ていないことにはなかなか読者も没入できません。

いや、ちょっとシリアスよりに見えるのがあれか、案外恋愛絡みネタも戦場転換しているので、これをメインに現実は恋愛、彼の世界は戦争って感じのほうが硬軟織り交ぜておもしろいと思う。
実際西野さんが恋愛的に彼のハートを射貫くのは那須与一と化しての源平合戦でした。現代戦争から近代、戦国、果てはコロッセウムまでなんでも戦いがあればそれが題材になるので、恋愛メインでいいと思うんだけどなぁ。

うん、もう既に1巻ラストから既に彼の能力に目を付けた組織の動きも出てきてますし、シリアスに進んでしまうんだろうなぁ。うー、もっといつもの竿尾さんの作品のように女性分を増やしてほしい。

ウォースパイト~マルスの目 1巻 (ヤングキングコミックス)
ウォースパイト~マルスの目 1巻
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。