情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「CLAYMORE」22巻、役者がそろいまくっていますが、クレアがまだです
「CLAYMORE」22巻、もうかつてのNO.1達が3人も再生(?)して敵対するのか、味方になるのか・・・。
なんてとこから始まった今巻です。

案の定、深淵化してしまう展開ですが、それぞれがそれぞれの思うところが生々しくあって、さもありなんです。というか昔のクレイモアの方が生成技術がつたないのか、人間味あふれています。なんだか深淵の者になってしまってもそれなりに話が通じそうにも思えてしまう・・・。

とは言え、結局は組織の思惑通りというわけでない暴走気味の展開。もう先が見えませんが、ここでようやくクレアが、そしてクレアが内包しているテレサが重要な意味を持ってきました。
これまで決してクレイモアの身体に埋め込まれた妖魔の状態を見せてもらえていませんが、たしかクレアってテレサの首を持って組織に入ったからやっぱりテレサの顔があるの? というかそこ重要だからどういう具合にクレアとテレサの覚醒を見せてくれるのかが今から楽しみです。
でもクレアはまだお休み中ですね。

なお、ラキ、あんたはおっきくなりすぎだ・・・。頼もしげに再登場だけど。

CLAYMORE 22 (ジャンプコミックス)
CLAYMORE 22
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。