情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ロザリオとバンパイア season2」11巻、月音の強さはやっぱり危うい、胡夢達はますます優しい
「ロザリオとバンパイア season2」11巻、とらわれの萌香さんを救うべく皆が戦い続けます。

もう敵地まっただ中ですからシリアス展開も多いのだけど、たまに見せるのほほんとした空気がまたこの作品の魅力ですね。
とはいえ、ちょっと胡夢だけだったりしたサービスカットでした。もっといろいろ見せてのほほんとした展開を入れて欲しかった。なんて欲張り言っていますが、さらっとシリアスの合間に入れてくるところが嬉しいです。

また、もうこれまで出てきた敵役がまた御伽の国の手下として再度登場も嬉しい。だけどそれぞれ思うところあっての登場で、単なる再ボス戦しているわけじゃないです。
でもあの雅がなにを思ってか胡夢達を助けてくれたのは、意味深。みぞれとの深い因縁があるし、今回はとか言っているのでまだまだ先の展開があるのでしょうか。

それにしても、これまでなら月音がひどいめに遭ってはいたけど女性陣はなんとか持ちこたえていた。それが、それがまさか幻術とは言え胡夢のひどい有様やら、紫たちもなんかひどいことになった(らしい)し、もうクライマックス間近を予感させます。・・・てそうなると雅の思い描く先の展開はどこにある?

ううう、それにしても胡夢やみぞれが最後の最後まで表の萌香さんを救おうと頑張る姿は健気だった。この三人、そして紫での月音の取り合いがまた見たい。って、瑠妃さんも入れておかないといけないか。

ロザリオとバンパイア season2 11 (ジャンプコミックス)
ロザリオとバンパイア season2 11
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。