情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宇宙大帝ギンガサンダーの冒険―水上悟志短編集Vol.3」、読み切り短編シリーズでまたも世界広がります
「宇宙大帝ギンガサンダーの冒険―水上悟志短編集Vol.3」、タイトルどおり短編集です。
でもこれまでの水上さんの短編集とはまずタイトルからして違うからなにかしら意味があるのです。
げこげこ―水上悟志短編集 (ヤングキングコミックス)げこげこ―水上悟志短編集
ぴよぴよ―水上悟志短編集Vol.2 (ヤングキングコミックス)ぴよぴよ―水上悟志短編集Vol.2
だったからなぁ。

はい、読み切り短編でのシリーズ、全然違う世界観なのに、どこかしらつながっている、最後まで読んで意外なところでのつながりを知って、あっと驚いてすっきりして気持ちいい。そんな作品群でした。

特に、やっぱりタイトルに入っている「宇宙大帝ギンガサンダー」の生誕と、その討伐、そして再生な展開はおもしろかった。生誕の時のどうしようもない救いのない展開が、最後の再生していく展開で見事に救われています。
でもあれだ、シャンバラがギンガサンダーの中にあるってことに全く思い至れなかったのが悔やまれる。だから、わかってすっきり、ですけど。

他、作者のコメントが全話に対してありますし、各話やキャラの関連がおおざっぱに描かれていて、そういうのを見て展開を思い巡らすのが好きな私にとってはとても楽しめる作品でした。

最後に、この連作に入っていない短編ふたつ、特に
惑星のさみだれ全10巻 完結セット (ヤングキングコミックス)
惑星のさみだれ全10巻 完結セット

の外伝は嬉しかったです。うん、私はこの外伝を手に入れられなかった口の人だったので、ここに掲載してくださった英断に感謝しきりです。おっきくなった雪待がまたかわいかったけど、ここに居ない人をちらっと思うと・・・。また読み返さなくては、なんて思うのです。

宇宙大帝ギンガサンダーの冒険―水上悟志短編集Vol.3 (ヤングキングコミックス)
宇宙大帝ギンガサンダーの冒険―水上悟志短編集Vol.3
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。