情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新ローゼンメイデン」7巻、やった、巻かなかったジュンがまた登場
「新ローゼンメイデン」7巻、巻いたジュンに話は戻って大ピンチ、から始まりました。
それにしてもいきなり表紙が雛苺なものだから、彼女が復活なのか、なにかしら意識が聞こえてくるのかと期待もしていました。
ええ、ある意味、期待通り。元のマスターの巴がまたドール達と一緒に登場してくれたのが嬉しかった。そして彼女の指に残る指輪の跡。これはやっぱりいつかまたこの絆が復活するんじゃないかと、淡い期待を描いてもしまいます。

さらには倒れているジュンを助けるために動くドール達、そして行方不明になっているめぐを探して彷徨う水銀燈とが一時的にせよ共闘したのも心地よい展開。真紅との毒舌合戦も残してはいるけど、これがないとこの二人は始まらない。
それにしても水銀灯も変わったし、めぐも変わった。二人とも行動的になりすぎているようだけど、かつての互いの傷を嘗め合う関係から今度は敵対する関係に。いや、めぐは操られているという水銀燈の認識だから、結局問題が解決したらどうするのか、そこんところを水銀燈に訊きたいものです。元気なめぐってだけで前作の苦しげな彼女が救われているようにも私は思うし。

そんでもって、最後に久々に巻かなかったジュンが登場です。ドール達がもう一人のマスターとして結構頼りにしているのがまた嬉しい。彼もドール達とのことをうたかたの夢としないように覚え続けていたわけで、やっぱりこの新ローゼンメイデンはまかなかったジュンこそが主役だと思っています。

ローゼンメイデン 7 (ヤングジャンプコミックス)
ローゼンメイデン 7
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。