情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「蒼き鋼のアルペジオ」5巻、まだこれで5巻かというほど濃密に展開しています
「蒼き鋼のアルペジオ」5巻、ハルナと蒔絵が出会ったことにより、陸軍暴走、ハルナ・・・は余裕だけど蒔絵がピンチな今巻です。

表紙でのお子様っぷり、本編でのお子様っぷりがさすがな蒔絵ですがデザインチャイルド、霧の艦隊に唯一対抗できる武器を作ったのが彼女。だからこそ接触したハルナだったんですが心情に大きな変化あり。
うん、前巻からうすうすハルナの変化が見え隠れしていましたが、今巻では一気に蒔絵にでれています? 蒔絵は蒔絵でハルナが恐くって泣いていないかって心配してくれていますし、このコンビはかわいくっていいなぁもう。

そしてやっぱり来てしまったハルナの暴走、蒔絵ではなくその祖父の刑部博士の死により発生した感情。これってやっぱり蒔絵がかわいそうだからということからきた気持ちなんでしょうね、もう蒔絵への優しさがあふれすぎて、その反動での黒い衝動。ああ、これでまた霧の艦隊から微妙な距離をおくメンタルモデルが発生です。

でもこうやってメンタルモデルが順々に人間にシンパシーを感じていくというのも、きっとなにか意味ある展開なんでしょう。だから、そろそろややしこくもわかりづらい美女揃いの旗艦級の方々に意味深じゃない行動をとってほしいです。・・・そもそもまた新たなメンタルモデルが出てきたしねぇ。

うん、気がつけば人間側の話よりも霧の艦隊のメンタルモデル達のやりとりのお話のほうが楽しかったりする。イオナも徐々にただ者でないことを現し始めているし。

蒼き鋼のアルペジオ 5巻 (ヤングキングコミックス)
蒼き鋼のアルペジオ 5巻
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。