情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鉄風」5巻、夏央のゆず子に対する恋する乙女のような表情と早苗へのおぞましい笑顔が素敵すぎる
「鉄風」5巻、夏央がようやくゆず子との対決があるトーナメントに参戦です。
その前に夏央のプロに混じってのハードなトレーニングがありましたが、案の定才能で生きている彼女でもやっぱりきっついきつい、とは言え、これをMのように楽しんで受け入れる彼女。新聞配達も自転車やめて徒歩にしちゃうしで・・・こりゃあますます強くなるなぁ。

はい、トーナメントで眉毛が太いと常々強調されるゆず子に、顔を合わせた時の夏央がまさかの恋する乙女状態。頑張っておつきあい(試合)できるまでに自分を仕上げてきたことをツン気味に言う様がまあなんだ、不覚にもかわいいと思ってしまった。これが彼女の本性か!? なわけないか。

そして、このところ夏央に喧嘩売られて買ったどころか売り返してきた早苗さん。彼女の強さがほんとのところどうなのかいっつも気になっていたのですが、遂に同じトーナメントに参戦。我如古さんがどうしてそこまで惚れ込むのかが遂にわかるのです。ただ、どうにも早苗ってあっさり負けるようなフラグが立つ入れ込みようです。大丈夫? 空手じゃないし、金網に囲まれたリングだし、総合だし・・・。それに夏央に煽られての参戦というのもキャラに合わない。
あ、でもこっちもトーナメントで顔を合わせた夏央の表情、おぞましい笑顔がすべてを物語っています。ああ、早苗さんはやっぱりいいキャラだ。ゆず子と違って求道者のような強さだから夏央も精一杯つぶしにいけるというもの。

そう、ゆず子のなにもかもがすべて完璧にできていて明るく楽しく闘うという少年マンガの主人公属性の強さ。特に戦い終わってからの爽やかな笑顔がまあ、夏央には苦手。だから結局こっちもつぶしたいっていうひずんだ夏央ですが今巻はそんな感じじゃなかったなぁ。ま、本当に闘いたい相手なんだから、そんなもんか。
決勝まで上がればきっとまたあのおぞましい笑顔を見せてくれるでしょう。そしてあっさり負けてほしいんだけど、夏央だしなぁ、あっさり勝っちゃう時は勝つから。うん、応援したいけど応援したくもないっていうか、負けた夏央がどんな表情見せるか気になる。あ、そもそも決勝まで行けないかもだし。

なお、ゆず子はこのすかっと爽やかな強さが雲の上のキャラとしていいんだけど、この様が逆に歪んでいるなんていう友達の説明が、変なフラグを立てています。

それにしても残酷な敗者の様、そこを上の指導者がどういう対応をしていくかが如実に違っていてここも見どころ。夏央陣営から見ているから西のトップの本間さんって妙に嫌な人に見えますが、彼女のああいった対応もまた伸びしろのない者がさっさと違う道に行けていいのかもだし。

はい、次巻での夏央対早苗さん、ここのところずっと因縁づいていたふたりが遂に雌雄を決します。楽しみです。

鉄風(5) (アフタヌーンKC)
鉄風(5)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。