情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「神太刀女」9巻、遂に無名覚醒、だけど相変わらずかわいい
「神太刀女」9巻、巻頭カラーは今でも小さいけどまだまだ幼かった頃のはがねの悲しい思い出から。
だからこその不殺を貫く彼女でしたがその信念を敵討ちという甘言で惑わす二ツ神、いやらしいとこついてくるなぁ。
そしてそんな彼女を誰が救うのか、ええ当然そこは琢磨しかいません。もうすっと手を取って「乙輪さんは斬らないんだ」って断言した。これって、彼が斬るところを引き受けるってことでもあるのかな。

そう、琢磨は琢磨で無名を失う、いや彼自身の命が尽きるかというところを以外すぎる救済の手があり、無名への思いをしっかりとしたものに。欠けていたものが埋まった無名と琢磨、二人とも覚醒。急に出てきた安定感が嬉しいです。ただ、気になるのは無名の素性、単なる神太刀女じゃないだろうとは思っていたけど。

ま、そんなこんなで戦いもちょっとだけ一休止、琢磨の親父さんが皆の刀を研ぐという段。神太刀女は研がなくてもいいんだけど、千鳥は研がれたがるし、一も控えめに同意。そして我らが無名はもう無言でこくこくとうなずくのです。この時たま魅せるかわいさがいいです。

なお、触れたものをすべて斬ってしまうという自分自身制御できなかった無名が斬らなくなった! それを琢磨に嬉しげに報告、彼の手を胸に押し当てて。いい雰囲気になっています。これからはなにかあっても互いに触れることができるんです。これは大きいよ。
・・・ああ、でもこれまでの琢磨になにかあってもおろおろするばかりで彼に触れられなかった無名も、それはそれでかわいくてよかった・・・。

最後、描き下ろし、なぜか急にはがねイラスト(コスプレ)ギャラリー(一も一枚だけあり)、雑誌掲載などでしょうか昔の日付のものです。最終巻が近づいて整理しているんでしょうか。

神太刀女<九> (MFコミックス アライブシリーズ)
神太刀女<九>
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。