情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鉄腕バーディー EVOLUTION」11巻、バーディー・シフォンはゴメスとずぶずぶ・・・
「鉄腕バーディー EVOLUTION」11巻、スーツも新調してかっこよくなったバーディーが表紙。
物語としてはだんだんとペリダンの禁書がキーとなってきますが、まさかここで一部が読めるとは。というかこれはどういったことなのでしょうねというSF的お約束な予想がいくつか立ってしまう禁書の内容でした。

それよりもバーディー、もうにっくきゴメスとはどう見ても協力者関係になっています。属する連邦よりももはやゴメス、いやレビよりです。
このレビは事情がわかってくると案外被害者っぽく同情したくなりますが、犯罪を起こしていないわけではない。しかも遂に今巻では蘇った帝国皇帝をまさに傀儡と化した模様で、そろそろ大事が起こるんじゃないかとわくわくです。やっぱレビはわかりやすく悪人になってほしい。

そして地球全体では遂に宇宙人の存在が知れ、慌てふためく民衆が描かれていますが・・・そっちできたか。私としてはパトレイバーの時のようにみんなのんきに見物に行くとかで全然我が身でない雰囲気、いつもの日常が続くんだとばかり思っていましたから、この疎開騒動は意外です。
ただ、ゴメスの会社がいつもどおり、というかものすごくアットホームないい職場を描いています。なんだかバーディーやツトムに加え、そろそろゴメスも主役として活躍させるとか、スピンオフでもいいので読みたいですねぇ。

鉄腕バーディー EVOLUTION 11 (ビッグ コミックス)
鉄腕バーディー EVOLUTION 11
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。