情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「テラフォーマーズ」1巻、虫の能力がおもしろいしSF部分も期待です
「テラフォーマーズ」1巻、発売になってちらほらネットで紹介記事が上がってきたのを読み、ちょっと悩んだけど購入決定。

虫の能力を活かした戦闘と、火星テラフォーミングと失われた第5惑星の文明というSF成分、そして濃厚にGな生物が堪能できる作品です。
はい、このGな生物が人型に進化したそれがやっぱりなんていうか苦手な私なのでどうするな悩んでいたのですが・・・最近新たに買い始めたコミックが少ないし、週刊連載になってどんどん単行本出るだろうと思うと、とっとと乗っておいて損はないか? なんて思った次第です。

この1巻ではいかにも読み切りのSFものという体で登場人物が無情にもどんどんと殺されていきます。取り敢えず虫の持つ特集能力をバグズ手術で得た彼らのそれなりの見せ場があるのですが、G生物の圧倒的なポテンシャルには叶わない的な・・・。
しっかりキャラ設定も載っているのにどんどんとむごたらしく死んでいく、結局残るのは誰か、誰も残らないのか。そして過去にも火星に行った第1陣はなにをしてなにを地球に伝えたのかなど、進めば進むほど謎が深まっていきます。

ただ、生き残りは予想外、いや、実は虫系の能力で死んだようで死んでいない者もいるかもだけど、これは序章。今後の連載では生き残った彼らがどう出ているのかも期待です。

ああ、それにしても女性陣がどんどんとなすすべなく死んでいったのは辛かったなぁ。副艦長(カマキリ)やヴィクトリア(エメラルドゴキブリハチ)以外、っていうか戦闘に長けていないとダメっぽい。防御系ってほぼ防御仕切れていなかったもの。もうみんあ設定ではわざわざ胸の大きさまで設定されているというのに出番が・・・。

なお、ヒロインっぽいわりには最初からずっと死亡状態になっていた奈々緒(カイコガ)が残した絹糸がどうにもG達への新たな転換を起こさせるもののようです。後書きで意味深にカイコの話題をしていたから、やっぱりこれによって衣料? 文明? それとも財産? 的な方向への進化を遂げるのでしょうか。

ああ、なんかだんだん人間に近づいて同化するのか意思の疎通が図られるのか・・・さあ2巻、早く!

テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックス)
テラフォーマーズ 1
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。