情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」13巻、実は表紙のミナ姫が本物か偽物かどこで見分けるのかわからない
「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」13巻、この表紙の表情からして昨今の展開からかつての姫を追いやった読者側からしたら偽物の姫、のようではあります。が、どこで見分けるのかわからない・・・。
そんなミナ姫、前巻はアキラがかっこよく助け出したり姫に自らの命を省みず血を吸わせたりとアキラ三昧でした。今巻は姫に血を吸われて瀕死のアキラを救うべく動く姫が発見した過去の遺物とそこでの大ゴトです。

そして東京にいる偽ミナ姫の陰謀でバンドからあふれ出た吸血鬼狩りが始まりました。この混乱の収拾をどう付けるかでなく、この混乱こそが偽ミナ姫の目的でしょうか。ただただ見ているばかりの由紀ですが、偽姫も由紀には甘いのがちょっといい感じ。語り部でもある由紀ですから、この顛末をいつか描き出す時がくるのでしょう。

さて、本編にもちょっとずつ絡む描き下ろし「ダンス with the ヴァンパイアメイド」ですが、姫を救ったあとの彼女達はネズミや他の吸血鬼達の血を啜ってジャングルを脱出。それが脱出時の格好なので下着姿のままですから、恐ろしい。・・・えっと、結果的に姫に忠誠を誓う一大勢力を起こしてしまった彼女達、忠義者です。うん、こりゃあこれは本編にいい影響を与えますね。

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 13 (フラッパー)
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 13
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。