情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新しいiPad」、保護フイルムやケースをつけ、「初代iPad」からの移行を行いました
「新しいiPad Wi-Fi+4G 64GB」、一日遅れですが朝一番にSoftBankショップに行き、買ってきました。
取り敢えず購入してうちに帰って「初代iPad」から「新しいiPad」へアプリや設定などを移行したので、それをざっとまとめてみました。

0.以前のiPadと移行の理由
これまでは「初代iPad Wi-Fi+3G 16GB」しか持っていませんでした。「iPad2」は解像度が変わらなかったのでスルーしていたのです。よって、今回解像度が上がったことが私にとっての購入の決め手となり、初代からの移行となりました。

1.購入時に行われた設定
さて、今回は機種変更なのでSoftBankショップでの手続きでSimカードが移動しました。さらにお店の人が奧で基本的な設定、Eメール(i)の設定とソフトバンクWi-Fiスポット設定。ようは「プロファイル一括設定」を行ってくれました。そして後は自分で移行してねということで、「新しいiPad」を受け取りました。
この際、購入時ですので前面後面に透明フィルムで覆われていますが、ドッグにつなぐためにちょっと裏側をはがされます。うちに帰って確認すると若干ほこりが前面のフィルム内に入ったり、指紋が付いたりしておりました。
初代の時は全部自分で設定したのでこの透明フィルムは全くはがしておりません。お店でものの確認のためにパッケージを開けましたが、Simカードすらささずにそのままもらってかえってきましたから。
ここらあたり神経質な人なら、自分で全部するし、と言って持って帰るのも手かもしれません。

2.保護フィルム
うちに帰るとまずはほこりの少ない部屋に行き、静かに箱を開けます。お店で設定されたので結構前面後面を覆っていた透明フィルムに汚れがあります。はがして前面下部のボタン周辺はちょっと指紋、なぜかディスプレイ面にも指紋汚れ、そしていくらかのほこり。
今回は
Simplism 2012年発売 iPad 第3世代 【液晶保護フィルム】 気泡が抜けやすく貼付簡単 耐指紋コーティング 抗菌仕様 光沢 クリスタルクリア TR-PFIPD12-BLCCSimplism 2012年発売 iPad 第3世代 【液晶保護フィルム】 気泡が抜けやすく貼付簡単 耐指紋コーティング 抗菌仕様 光沢 クリスタルクリア TR-PFIPD12-BLCCSimplism 2012年発売 iPad 第3世代 【液晶保護フィルム】 気泡が抜けやすく貼付簡単 耐指紋コーティング 抗菌仕様 光沢 クリスタルクリア TR-PFIPD12-BLCC
を貼るので購入済みです。
これの付属品のクリーニングクロスを使って汚れを拭きます。ただ、ほこりが若干ついてくるのでエアダスターなどで飛ばすとよいです。今日は雨だったので湿度が高く、ほこりは少なめだったから案外さっさとほこりは取れました。
保護フィルムは基本的に勢いで貼ります。慎重にやっても時間かけるほど自分の動きで舞い上がるほこりが入ってしまいます。多少の気泡は気にせず位置を上から合わせて貼った。カメラがあるのでそれを目印に保護フィルムのカメラ穴と一致させます。
気泡は付属のへらで押し出します。まだ前面には緑色の保護フィルムを保護するフィルムがあるのでそれを残したまま行います、この保護の保護フィルムには付属のへらで押し出すとはっきい傷がついて恐いのですが、保護の保護です、本来の保護フィルムには傷はつきませんでした。
気泡は小さいものは残っていても2、3日で消えるという仕様のフィルムですが、残った段階で上からぐっと押すとさっさと消えてしまいます。空気透すんですね。
ほこりは、残念ながら1箇所入ってしまいました。ただ、縁の部分だったのでセロハンテープ保護の保護はがした後、セロハンテープで端からちょっとはがして、保護フィルム付属の埃取りテープで綺麗に取れました。
これで見た感じはさすがに光沢フィルムですので「新しいiPad」の高解像度を損ねず邪魔しません。昨日お店で見たなにもフィルム貼っていない状態の感動のまま、彩度の高い画像です。
指の滑りも光沢だけど悪くなく、すっと流せます。さらっとしているとは言えませんが、特に抵抗ある感触ではないですし、iPadの感度も変わりありません。

3.保護ケース設置
保護ケースは
iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) ソフトケース ブラック BSIPD12TBK Apple純正SmartCoverと同時装着可能iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) ソフトケース ブラック BSIPD12TBK Apple純正SmartCoverと同時装着可能iBUFFALO iPad(2012年発売モデル) ソフトケース ブラック BSIPD12TBK Apple純正SmartCoverと同時装着可能
を購入済みです。これにも保護フィルムがついていましたが使っていません。
さて、これがはめ込むのに難儀しました。案外軟らかいのではめるだけならはめやすいのですが、保護フィルムの貼った端の部分にこれの縁が当たるのです。すると保護フィルムが浮いてしまいます。結局、これは解消できません、浮いたままです。
また、上の電源ボタンが保護ケースの縁があって押しづらい。右の音量などのボタンは押しやすいのですが。さらに下のドッグコネクタですが前が若干かぶってしまい差し込みづらいです。ま、柔らかなので後ろから差し込む感じで押し上げながら差せばいいのですが。
あと、持った感じとしてはつるつるしています。ハードカバーに似た感触です。もっとざらっと抵抗があった方がよかった。
ということで保護ケースは取り敢えずこれをはめていますが、明日にでも他のものと変更を考える。お店にもっていって試用のものが出ているからそれを実際にはめて確認して良いものにする予定です。

3.スマートカバーの設置
これは純正品を購入済み。特に問題なくぱちっとくっつきいい風呂蓋感。ただ、この4つにぱたぱた折れるのが後ろに回して持つ際にちょい面倒。そう、左手で持って右手で操作する際に右側の方から下に垂れ曲がるのが鬱陶しい。すぐに蓋するなら便利だけど長時間片手持ちなら気になる要素です。
でも初代からの移行ですのでこの蓋を取るとすぐ使える(パスコードロックしているからアレだけど取り敢えずワンアクション少ない)のは気持ちいいですね。

4.いよいよ移行、その前に「初代iPad」のバックアップ
実は最初は「初代iPad」でiCloudにバックアップを取る設定にしていましたので、iCloudだけで同期してみたところ多少は反映した。Safariのブックマークとか。
そして、設定を初代を横に置いて並べて表示して手で設定を移していましたが、だんだんなにかおかしいと思ってきました・・・。特にメモの内容が直近5つくらいしか反映しなかったあたりから。そう、メモや購入アプリの設定や内容がかなり反映していないことに気付いて、自分の移行方法は間違いであることに気付きました。

はい、ここでネットで調べて、PCでのバックアップから復元で移行ということを知りました。

「初代iPad」をPCにUSB接続してiTunesでバックアップを行います。「初代iPad」ではiCloudにもバックアップを取る設定にしたままですが、特に問題なくPCにバックアップ完了。ここで私は「初代iPad」をPCから切断。1本しかケーブル使っていないので。

5.「新しいiPad」への移行
「新しいiPad」をPCに接続してiTunesでバックアップから復元します。はい、これで購入時にお店で設定してもらった設定は消えています。
でも、復元終了後はもう本体設定のかなりのところ、そしてアプリ設定は完璧に、アイコンの位置も同じです(これまでなかったカメラ系のアイコンが追加されてはいます)。
本体名称まで一緒なのでこれをまずは変更。
そして自宅のWi-Fiへの接続設定、これも引き継がれていないので設定。
プロファイル一括設定も消えているので、
iPad Wi-Fi+3Gへのプロファイルインストール方法 : FONルーター設定サポート | ソフトバンクモバイル
を参考にして設定します。
また、iCloudやStoreなど、パスワード認証して使っていたところはユーザ、パスワードとも消えていますので再設定です。
そして念のため、PCのiTunesからバックアップを行っておきました。

7.使用感
やっぱり綺麗、これにつきます。解像度が上がって彩度も上がって、初代と見比べると初代にもう戻れないと感じます。また、メモリも増えたしCPUもよくなったので反応速度が早くなって嬉しいです。
Webとi文庫HDでの自分で電子書籍化したコミックを読むのが大きな目的の私のiPadですが、Webは画面の切替えの速さと細かい文字の読みやすさが向上しました。
また、i文庫HDでは横向きで2ページ表示で非常に読みやすくなりました。これまでなら細かいところはズームしておりましたがその必要がない。特にルビがこれまでは若干つぶれ気味だったのがくっきりはっきり。これだけでルビ読まないにせよ見ていて感じるクリアさが変わります。細かい書き込みの多い作家さんの作品を横開きで読んで問題なくなったのは嬉しいです。
また、画像補完の設定をこれまでは「high」にしてトーンの粒状感を軽減させていた分、かなり甘い画像になっていたのですが、これを「none」にしても大して変わらない。つまりそこまで解像度が高いので画像補完するまでもないということです。なお、初代だと画像補完は「none」にすると表示できずおちる画面(600dpiでスキャンした画面)もあったけどこちらではそんなことはないのも嬉しい。いろいろ試して一番見やすいものにする楽しみが増えました。

8.まとめ
結局移行には自宅でPCを介すべきだということと、このバックアップと復元の時間を用意しておかないといけないことがわかりました。

自宅で開封して、保護フィルムなど貼るのは30分程度。
「初代iPad」バックアップに15分程度。(16Gで10G程度使用)
「新しいiPad」復元に15分程度。その後設定周りを戻すのに10分程度。
ただし、最初からわかっていれば、ですけど。なんだかんだで違うことして設定を手動で移したりしていたもんだから結局全部で2時間以上かかっています。

なお、「新しいiPad」ってお店で売っているいろいろな保護フィルムやケースなどには「iPad(2012年モデル)」って書き方が主流のようです。まあ、いつまでも「新しい」じゃないからなぁ・・・。
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。