情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トリアージX」4巻、千影には生き残っていてほしい
「トリアージX」4巻、遂に美琴が自分のうちの過去に向き合います。
ただ、頑張り屋さんすぎて全部自分で抱え込むからいけないなぁ、相変わらず相手はブラックラベル貼られた極悪人認定のやつらだから卑怯な罠にはまりまくっています。主人公だから許される危なっかしさだ。

そして遂にまみえる謎の放火魔(?)な千影、目の周りの炎のメイクは気合いで火傷跡が浮かぶとかがかっこよかったんだけど・・・。とまあかっこいい千影を操っていた「先生」、こっちが謎をまだまだ残したままです。
そして千影も生死不明にされたのが便利すぎる展開で困る。このまま出てこないかもしれないけど、出てくるかも知れない。凄くかっこよく復活してくれたら、なんて都合よく期待してしまいますから。

そんなこんなであまりいつものサービスシーンもないシリアス展開でしたが、最後に一気にお風呂ですっきりです。ただ、前半が重すぎて浮いている。とはいえ、これはカラーで読みたかった。

後書きでもこれまでで一番シリアスな単行本だったとか。また、登場人物の持つ武器設定もありましたが、なかなか熱い設定なので、この分だと千影も近いうちにますます熱くなって復活しても不思議じゃない。

トリアージX 4 (ドラゴンコミックスエイジ)
トリアージX 4
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。