情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「稲田小鬼物語」、日本神話と見せかけてSFだった
「稲田小鬼物語」、神様が身近にいるそんな世界。
いつもの未来やファンタジーじゃない、どうにも現在での日本、そんな中の八百万の神々と交流できたら楽しいです。そんなお話。

ファンタジーっぽいけど、主役の稲田さんがしっかり乱暴者の記憶をなくした小鬼を抑えていますので、しっかりやっぱりいつもの日常的ファンタジーな大石まさる作品。

ただ、途中からがらりと雰囲気が変わり、日本書紀の神々の物語が絡んできて時には絵柄も影絵調になったりと一気に現実から離れ、遂にはSFになります。ここの変化がおもしろいんですけどやっぱもっと日常ファンタジーや日常SFで見たかった。
なお、途中に入るカラーページがいつにもなく読みやすかった。そろそろオールカラーで読みたいなとか思ったり。

稲田小鬼物語 (ヤングキングコミックス)
稲田小鬼物語
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。