情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ネクログ」3巻、白杏姐さん、宋が思うとおり生き返って欲しいキャラです
「ネクログ」3巻、表紙は時々お姉さんになってくれて眼の保養をさせてくれる菅です。
彼女は最初ちょっと怪しげな登場だったので危険人物かと思っていたのですが今巻の過去話からすると結構面倒見のいいお姉さんだとわかった。安心。
さらに蘇を弟子にして宋と胡の仕事の手伝いという名目で無茶を止めに来ています。

うん、過去を忘れているけど大罪を犯しているらしい胡や、気がつけば姐さんを生き返らせることに覚悟を決めてしまった宋、この二人は冷静に見ると危険きわまりないことしていますもの。
ただ、見た目が二人とも・・・というかだいたい大物の登場人物は仙人だから姿が自在で一見して誰がやばいのか、わからない。

取り敢えず干がやばい奴だということはわかった。道士の魂を飲んだときの喜びようが恐いものがあるし。けど、なんかうまそうに飲み込むんだもんな・・・、酒的ななにかなイメージ?

でもなにはともあれ今巻のメインは白杏姐さんがどういった経緯で僵尸になったのかが明かされます。しかもその話は彼女がほぼ裸。魂状態の綺麗な裸の時の優しい彼女、こりゃあ宋も大好きになるに決まっている。だけど胡に僵尸にされた後はまあいつものとおり、鬼。全然裸がサービスシーンじゃなかった・・・。

ネクログ(3) (アフタヌーンKC)
ネクログ(3)
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。