情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ユーベルブラット」11巻、久々に見るエルサリアはやっぱりお風呂
「ユーベルブラット」11巻、久々の刊行に嬉しくって最近0巻から読み返して待機しておりました。
だからすごく途中でしたがすんなり世界に入っていけました。

今巻はケインツェルがまたも消息不明な状態に入り、他のキャラで物語が進みます。彼は主役なんだけど出てくるとまあ血なまぐさい復讐鬼ですのでいない方が気楽な話が進む・・・筈だったのに。
いやはや、闘いの矛先はこの世界の外(?)なんでしょうか、妖精族とかが普通にでてくるファンタジー中世なのでどうにもどこまでがこの世界の常識的な範囲なのかの区別がわかりづらい。
うん、だけどこのどこまでも敵が居続けてくれるのが王道でいい。ややこしいこと考えず敵味方はっきりさせて早くケインツェルの黒翼をじゃんじゃん見せてほしい。

そんな中、彼を人一倍よくしって常に涙していたロズンさんの後釜にエルサリア、彼女が今後ケインツェルの追っかけになってくれる。そして戦艦にお風呂までつくって事あるとお風呂中でサービスシーンになる彼女、やるな。これまた王道だけど、やっぱりロズンさんの泣く様も見たいし・・・。

ユーベルブラット(11) (ヤングガンガンコミックス)
ユーベルブラット(11)


なお、今回もまた激しく塩野干支郎次祭りで他に2冊も出ていますので、嬉しい悲鳴中。ただ、他のこと(雪ミクや映画けいおん!やゲーム複数積まれ中)もいろいろあって大変なんだ・・・。
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。