情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハンザスカイ」10巻、男子が熱く燃えていますので、久々の女子の試合も燃えた?
「ハンザスカイ」10巻、遂に10巻、表紙も久々に龍之介一人に戻り、タイトルロゴのバックが赤くなって色帯になったか? なんて感じです。でもこの調子だと黒バックまでは長い連載が必要だ。

さて、そんな表紙カバーを外して本体表紙を見ると見知らぬ美少女、そうかそろそろ女子の試合の番です。

だけどその前にやっぱり熱い男子、準決勝、そして決勝。前巻では主人公チームが観戦しっぱなしでしたがそれでも両チームとも思い入れ満点の展開でした。だから今巻どちらが決勝に上がるのかは開けてみないことにはわからない、どっちにも勝ってほしかったし。
番場さんが決勝を前にしてあの足でまだ出ようとあがいている様は、さすがにもう出すわけにもいかないけどどうやって場を納めるのかどきどきものでした。穂波が止めに入って逆に彼女がその立場ならどうすると訊かれて言葉に詰まるシーンなんてこのまま番場さん試合に出るのなんて思ったし。
また、ここで穂波は穂波であの強い彼女でもなんともできない男子チームとの溝を感じています。うーん、この作品じゃあもうちょっと女子の出番が少ないんで穂波がもっともっと活躍する番外編がほしいところ。

そんな女子は個人決勝で穂波と当たったのが件の本体表紙の美少女一年生、初見恋。ツインテールがかわいいけどとにかく試合慣れして強そうな雰囲気ぷんぷんしている。これは穂波でも苦戦か? いや、案外こういった場合悩み中でもある穂波がさっくり負けるんじゃあないの?
そして、・・・汗ひとつかかず勝ちました。ええ、穂波が。うーん、恋の出番はこれでおしまい? 結構いい感じにかわいくキャラ立っている、ていうかもっと龍之介と絡ませるとかして三角関係にして盛り上げてほしい。けどそんな様子もなく。

ちょっと残念だったけど、後書きで彼女がしっかりと穂波にフラグを立てられていました。え!? この作品でも百合百合しい展開が? ・・・あ、犬の後書きまんががないから、恋が今後後書きで百合っぽい盛り上がりを見せるのかも。よし、こりゃあ20巻は堅い。

ハンザスカイ 10 (少年チャンピオン・コミックス)
ハンザスカイ 10
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。