情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「碧海のAiON」9巻、星音とシーラが二人きり・・・どんな残虐があるのかとどきどき
「碧海のAiON」9巻、遂に始まった星音とシーラ、そして達哉の同居生活。
こうして見てみると最初の段ボール娘だった星音と違って、同じようになにも人間生活を知らないシーラはこぎれいです。それなりに星音は安定してきているものの、やっぱどこか女を捨てているのが残念なのです。

ただ、達哉達も思い切ったことをするなぁ、人魚をひたすら憎んでいる星音を人魚のシーラと二人きりにして出かけてしまう。それだけ星音が信用されているんだ、そいでもって意地悪するけどまあぎりぎりのラインで抑えている星音がいじらしい。ある意味星音が悶絶して苦しむ残虐展開。
だからとはいえ、恐ろしい顔の星音にシーラもひたすら生命の危機を感じていますが、こっちはどこか天性のお気楽さを持っているようで、たまに素を出してほわほわしているのがかわいいんですよね。これを見てもただ憎しみしか感じない星音なのか、なにか違う感情も持っているのか、星音の心情の変化に注目です。

さて、ここでそろそろ期待出来るのは三角関係、この血みどろの作品でもどうやらそっちはちゃんと抑えている模様。さらに渚も久々登場してきた。まずは素っ気ない対応だったものの、次巻予告ではなにやら熱い状況・・・って星音と一緒にジト目でメイド姿? なにが行われるのですか?

碧海のAiON 9 (ドラゴンコミックスエイジ か 1-1-9)
碧海のAiON 9


なお、後書きでは作者の健康が大変なことになっていますが、相変わらずサービス精神旺盛にコミカルに描かれておられます。ってそうじゃないと思う。
・・・作品描くペースを抑えていただくなり、休むなりして、ご自愛ください。
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。