情報処理関連資格をぼちぼち取っています。その取得経験話とか今の取得活動状況を記します。 他、コミックや小説、その他趣味の話、などです。 現在eoblogとシンクロ稼動中。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フロッグマン」6巻、最終巻。だけどうなぎ祭に競泳水着妻(?)でいつもどおり
「フロッグマン」6巻、最終巻です。いちおう競泳を軸として描かれた爽やかラブコメでした。
ま、毎回ラッキースケベが展開する主人公でしたけどさすがに前巻からは三角関係がヒートアップしてクライマックス!

とはいえ恋の行方はこの巻前半であっさり、だけど爽やかに決着です。なんていう甘酸っぱい展開なんでしょう。最終巻だから1巻まるまる三角関係のどろどろだとか思っていたので、この巻後半の展開はもうラブラブな後日譚でしょうか?
いや、やっぱり最終巻でもフロッグマンです。競泳水着のいいところを余すとこなく伝える作者のフェティッシュなこだわりがにじみ出てくる、いつもの展開でした。

そう、まずはプールに大量のうなぎが放たれ皆が競泳水着で次々とうなぎにまとわりつかれるお話が、なんと前後編。あ、でもコーチがいつものビキニでおいしいとこ持っていってしまいましたけど。(コーチには災難だけど)

また、コーチ弟の恋路を進めるためのいらん気の利かせにより、怪我をしたミチルの家での御世話をすることになったハルカ。ただ、これが競泳水着を着てするのですから、なんともフェティッシュです。
裸エプロンならぬ競泳水着エプロンでの家事。なんだろう、これは水着だけ、いや裸エプロンよりもいい。ハルカの恥ずかしがりようがたまりません。
そして競泳水着でのお風呂、まあここもいつもどおりのうらやましい展開がありましたが、まあこれは水辺(?)だからいつもどおりと言えばいつもどおり。

なんと言ってもいろいろすごいと感じたのはハルカがそのまま泊まり込み、競泳水着にTシャツでベッドに・・・いやこれはさすがにどうなんだと・・・、いや、ありです。これまた裸よりも、妙にフェティッシュ。

うん、そうです。もうまさに競泳水着妻、でした。
だから表紙のハルカの競泳水着がやっぱり最高です。巻頭カラーのビキニよりも何万倍もよい。カバー外した本体は裸競泳水着(?)な状態ですが、やっぱそれよりも表紙の方がいい。

次回作、やっぱり競泳水着をメインに素敵な物語を期待しています。

フロッグマン 6 (ジェッツコミックス)
フロッグマン 6
関連記事
スポンサーサイト
Copyright © ときおりのこのみ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。